椿の島の散歩道

利島に縁深い 新宮乙矢さん 主演 劇団め組「岡田以蔵」公演間近!

2017.07.30日|カテゴリー:利島だより

利島との不思議なご縁で

東京を拠点に全国で公演を行っている気鋭の「劇団め組」の2017年夏公演の演目「岡田以蔵」が、8/2(水)から8/6(日)まで、吉祥寺シアターで行われます。

なぜ、ここで突然劇団のご紹介をするかといいますと、「美椿」の活動ではよくあるのですか、またまたちょっとした不思議なご縁に巡り会えたからです。

 

先日、美椿のスタッフが、とある交流会でこの劇団の役員の方とお近づきになり、この劇団の活動などを興味深く聴かせていただきました。

この劇団め組は、自主公演はもちろんのこと、全国の学校や各種施設などを巡回するなど、一年を通して大変アクティブに活動されていて、クォリティの高いパフォーマンスを披露されています。

今回の夏公演「岡田以蔵」のお話に及びいろいろとお話を伺っていた際、主演の岡田以蔵のWキャストの一人、新宮乙矢さん(左写真)が実は利島と大変関係の深い方だということがわかりました。

なんと、新宮さんは、なんと20年以上も、毎年利島へお仕事で通い続けていたのです!

 

そのお仕事は、利島の椿実を収穫する際の運搬に欠かせない「モノラック」という斜面に設置されたトロッコのようなものの保守とのことです。

右の写真がその「モノラック」です。 

 

利島との深く長い関わりのある方が、有意義な文化的な活動をされているということで、ピアニスト須藤千晴さんを応援し、利島でのミニコンサートも実現した椿本舗としては、こちらも微力ながら応援したいと思い、公演間近ではありますが、新宮さんから頂戴したコメントと共に、夏公演「岡田以蔵」をここでご紹介させていただきたいと思いまった次第です。

以下に動画も貼り付けさせていただきましたが、詳細は特設サイトで御覧いただき、演劇好きの方は是非お越しになって下さい!
 

利島との関わり  新宮乙矢

僕が初めて利島へ行ったのは、19歳の夏でした。椿畑で椿の実を収穫するために使うモノラックの設営の仕事です。あれから20数年、今でも年に2回位、お邪魔してます。

初めて行った時、「なんて小さい島だ!」「何もないじゃないか!」と驚愕しましたが、今では毎年の楽しみとなっております。

山中を汗水垂らして動き回り、仕事後は美味しいご飯とビール。20時には布団に入りウトウトし始めると言う何とも現実離れした生活。同じ東京都とは思えない、最高の島です。1番の珍体験は、ヘリコプターに乗った事かな。ほぼ毎回乗りますけどね。今でも椿油でお肌つるつる。次はいつ行けるかな。

 

☆PROFILE

新宮乙矢(しんぐう・おとや)

1975年3月18日生まれ、神奈川県出身。1995年劇団め組入団。同劇団の本公演全作品に出演する看板俳優の一人で、華麗な殺陣には定評がある。主演代表作は『岡田以蔵』『徳川慶喜』『信長』『義経』『あしたのジョー』など。外部の作品やテレビドラマ、映画、CMにも多数出演。今回はAキャストで岡田以蔵(おかだいぞう)役、Bキャストで以蔵と並ぶ四大人斬りの一人、河上彦斎(かわかみげんさい)役を演じる。

 

【フライヤーPDF】
「岡田以蔵」チラシ表面 「岡田以蔵」チラシ裏面

【詳細・予約】

劇団め組 2017年夏公演「岡田以蔵」

by 美椿project

1 / 8212345...102030...最後 »